地味で苦しい環境で己を磨く研修医期間の「給料」

先輩が来る前から一番乗りで学校に行き、道具の準備や掃除など先輩が練習に取り組めるような環境づくりを行う。

先輩が来てからもできることと言えば雑用か、実践的な練習ではない体力作りや声出しなど、実に厳しい練習ばかり。
しかし、それを乗り越えると徐々に試合にも出させてもらえるようになり、立派なプレイヤーとして活躍することができるようになるのです。

学校の部活に入りたての頃は、通常このような時間を長く過ごすことになります。
研修医もこれと同じところがあり、一人前の医師になる前には非常に地味で苦しい環境で己を磨くことになるのです。

最初の2年間は前期研修の段階。あらゆる診療科目を経験し、医師としての基礎をここで作り上げていくことになります。

画像出典元:http://www.okayamasaiseikai.or.jp/resident_ent/

前期研修期間の年収は300万円台~400万円台

この前期研修期間の給料は、かつては年収200万円台という額が当たり前の時代もありました。
今でも地域や病院によってはこのような現状もあるようですが、概ね300万円台、あるいは400万円台の年収を確保することができています。

これは、研修医時代の給料があまりにも低いことが問題視されたことから徐々に改善されてきた結果。
年収200万円台時代にはアルバイトなどを行い副収入を得ていた研修医もいましたが、現在ではその必要がなくなってきたわけです。

そもそもアルバイトは原則禁止。
アルバイトを行うことで本来の業務に悪影響が出ていることが指摘されたことからの措置でした。

ちなみに、前期研修中であっても500万円以上の収入を得る人もいます。
高ければ600万円と、昔とはその待遇が明らかに異なってきていることがうかがえます。

後期研修期間の年収は500万円

後期研修期間になると、より専門的なことを勉強し、それに関する深く膨大な知識を身につけていきます。
この頃になると年収も多くの人が500万円程度は受け取ることになりますが、これも病院や施設によってかなり差があるのが現状です。

具体的には、大学病院では500万円ほどであっても、地方に行けば700万円や800万円の年収になることもあります。
これは研修期間中に限ったことではなく医師全般に言えることなのですが、この給料の地域格差は研修医も他人事ではありません。

画像出典元:http://koi490.blog.jp/archives/1065160626.html

あらゆる可能性を考え勤務先を決める

勤務するなら地方の病院、と考えるのが自然かもしれませんが、大学病院にはそこでしか学べないことも多々あります。

将来の事を考えれば、むしろ大学病院で勤務した方がいいと決断する人もいるのです。

また、大学病院に勤めていたとしても、後期研修からはアルバイトや外勤と呼ばれる活動が可能となるので、それによって収入を大幅にアップさせることができます。
あらゆる可能性を考えながら、勤務先を決定する必要があるのかもしれません。