勤務医に比べると、開業医は2倍近い年収がある

医療に深く携わっていない一般の人であっても、自分でクリニック等を開業している医師が多くの収入を得ていることは知っています。

もちろん、これは事実です。
すべての開業医がすべての勤務医を上回る給料を手に入れているかといえばそんなことはありませんが、しかし、その数字を平均してみれば差は歴然。

例えば、内科に担当している医師を比較した場合、勤務医は年収1500万円を少し下回る程度です。
月の給料で考えると120万円ほど。
これは医師全体で考えた場合には、少々待遇がいい方と言えるでしょう。
(医師全体では1100万円ほどが平均年収と言われています)

しかし、自ら開業し内科医として働いている人は、約2500万円もの年収を手にしている現状があります。
2倍とまではいきませんがそれに近い、実に1000万円もの差がそこにはあるわけです。

これは何も内科医に限ったことではなく、他の診療科目でも同様の傾向が見られます。

この差は非常に大きいはず。
給料の面だけではなく、組織の中にいることに抵抗感を感じていたり、そこに自身との考え方や理念の違いが露呈すれば、自らの裁量で仕事ができるような環境を作ろうと考えるのは自然なことなのかもしれません。

勤務医に比べてると開業医はリスクを抱えながら働く

ただ、勤務医としてのメリットもないわけではありません。
組織という言葉を使いましたが、それに守られている安心感は感じられるはず。

代診をしてくれる医師が他にいたり、最新の治療や医療機器などに関しても、大きな病院で働いていた方が情報や技術が得やすいというメリットもあります。

医療ミスなどがあれば、開業医の場合にはその責任のすべてを負うことにもなります。
上で示した数字は、そのリスクを抱えながら働くからこそ得られる収入なのかもしれません。

開業医には経営に関する知識や適正があるかどうかも大切

そもそも、開業するのに適した性格や能力を持っていなければ、いくら高収入であっても自らのクリニック等を持つことはできません。

マネジメント能力やコミュニケーション能力に欠け、一体どのような院にしていきたいのかなどの明確なビジョンがなければ、開業しても結果がついてこないのは当然。結果がついてこないということは、上で示したような収入を得ることはできないということです。

開業すれば、それは医師の能力とともに商売や経営に関する知識や感覚も必要となってきます。
それらを備えているからこそ得られる高収入であると認識しておく必要があるのです。