給料では不利だが得られる知識や症例が多い大学病院

仕事はお金ではない、とは言っても、やはりとても大事な要素です。
いくらやりがいがあっても収入が極端に低ければ、そこで働き続けるのは難しいもの。

大学病院はまさに、やりがいはあるけれども収入が極端に低い環境と言えるのかもしれません。
すでに他のところで働いているにもかかわらず、わざわざこの種の医療施設に転職しようと考える人は少ないのではないでしょうか。

これから医師としての第一歩を踏み出すという人にとっては、何を重視するのかによって考え方は分かれてきますが、収入面にもしっかりと視点を置いて勤務先を選ぶ必要が出てくるのかもしれません。

画像出典元:http://www.tmd-ac.jp/

30代で平均500万円台、教授でも1000万円前後

医師の年収というのは、勤める医療施設の規模が大きくなればなるほど低くなるというデータがあります。

規模が大きい、つまりは大学病院などがそれに当てはまり、平均年収で考えると、どうしても他の規模の病院やクリニックなどよりも下回ってしまいます。

20代であれば年収300万円台、30代になってやっと500万円台に乗せることができます。
30代のうちに年収が700万円に乗れば、大規模病院での勤務としては比較的多くの給料をもらっていることになります。

教授になれば1000万円を超える人も出てきますが、40代であれば教授であっても1000万円に届かない年収で仕事をしている人も多々います。

副業で別途収入を得ている人も多い

ただ、これはあくまでも病院側から受け取る給料に関する数字。
さすがにこれでは割に合わないと考える人たちは、他の病院でアルバイトのような形で仕事をし、別途収入を得ている人も少なくはありません。

教授となれば執筆業、講演料による収入も考えられるでしょう。
これを加えると、人によっては年収が倍近い数字になることもあります。

これは何もコソコソと副業をこなしているわけではありません。
医局から紹介されることも多く、この業界では当たり前のように行われていることなのです。

もちろんその分、身体も精神も酷使しなければなりません。
睡眠時間を削り仕事や勉強、研究などに明け暮れ、それによって多くの収入を得、医師としての将来へと繋げるわけです。

大学病院のみから得られる給料は決して高くはありませんが、ここにいれば、その分多くの症例に立ち会えたり最新の治療などに関する知識や技能も手に入れることが可能です。

それを目的として勤めている人も多く、そこにこそ大学病院の価値があると言ってもいいのかもしれません。

画像出典元:http://biz-plan.co.jp/lecture.html

大学病院で働くならメリット・デメリットを考えて決断する

お金を取るのか、それともやりがいを取るのか、はたまた自身の将来のために収入面は我慢・妥協するのか。
大きな医療施設で働く時には、あらゆる要素を勘案しながら決断を下す必要が出てくるのです。