勤務医と開業医の収入の差

医師は主に勤務医と開業医に大別できます。
自由度、医局、派閥、安定など、幾つもの違いや特徴が両者にはありますが、やはり避けて通れないのは両者の収入の差。

勤務医は開業医と比較すると、少々収入が劣ると考えられていますが、これは間違いありません。
参照サイト:勤務医の低年収という問題

病院に勤務している人にもいろいろな医師がいますし、開業医にもいろいろな人や院があるので一概には言えませんが、基本的には開業医の方が高い収入を得ている現状があります。

勤務医の年収は1000万円から2000万円程度

勤務医の給料というのは、医師の平均年収として考えると1000万円から2000万円程度と言われています。
非常に幅がありますが、これは勤める病院やそれが存在している地域、あるいは診療科目等に大きく左右されるため。

開業医ではなく病院などに雇われる形で内科で働いている医師は年収1500万円ほど。
また、医師全体でみると1100万円ほどと言われていますが、これはあくまでも平均的な数字と捉えておくべきでしょう。

内科医以外も平均すれば、おそらく1500万円前後となるはずです。

画像出典元:http://hiroki490208.seesaa.net/article/411736988.html

勤務医は非常勤のような形で副収入を得ている

ただ、これはその病院一つで働いていた場合に限ります。
医師の多くは勤務先とは別に、アルバイトや非常勤のような形で別の病院や施設で働いており、そこからも給料を受け取っているのです。

それらを合わせれば2000万円以上の年収を得ている医師も多数おり、病院などに雇われている医師の全てが必ずしも開業医よりも収入が低いというわけではないことがわかります。

さらに、執筆活動による副収入、あるいは講演などによる副収入を合わせると年収3000万円以上を稼ぎ出す医師も存在しています。

このように働き方によっては開業などせずとも、そうした人たちを上回る給料を受け取ることができると言えるでしょう。

副業で収入は上がるが身体への負担も大きい

もちろん、数字だけに着目するのはナンセンス。
副業のようなものもしていれば、それだけ時間を拘束されることになります。
身体への負担も大きくなるでしょう。
アルバイトという形であっても雇われていることには変わりないので、そのことによる制約を受けることも確かです。

その上で得ている収入ですから、それが高かったとしても、働き方や負担と釣り合いが取れているのかは、また別途考える必要がありそうです。

勤務医がいいか、開業医がいいかは個人の価値観による

また、病院に雇われている医師は福利厚生などが整えられている病院で働き、自ら経営に携わる必要もありません。

ここにメリットを感じ、開業医を選択しない人も多くいます。
つまり、2000万円や3000万円を超える年収が高いか安いかを決めるのは、医師それぞれの感覚や価値観などによって変わってくると言えるでしょう。